実家へ。

今日は暗い話です。お葬式の。
読みたくない方はスルーして下さい。



6日の朝、母親からの電話で起こされました。
おじいちゃんの弟さんが亡くなったので、帰って来いという事でした。

まぁ、前々から体調は崩していて、長くない事は知っていたので、そこまでびっくりはしなかったんですけど。
7日までに帰ればいいという事だったので、とりあえず、ダリ回顧展に行きました(あれ?薄情…?)
その話を聞いて、気分は落ち込んだし、どうしようか迷ったんですけど、その日に行かなきゃ行けなくなりそうだったので、行ってきました。
よかったですよ、うん。混んでたけど。絵の凄さにやられたのか、人の多さにやられたのか、途中でくらくらしてきましたけど。

で、夕方に実家に帰りました。
車で庭に入っていって、そこにお葬式のお花があるのを見て、なぜか涙が出てきました。
なんていうか、初めてではなかったんですけど、自分の家の庭にお花がある景色に、すごく悲しくなってしまって。
そのあとお線香をあげようとして、遺影を見たらまた涙がぽろぽろ。どうしちゃったんだろうね。
家族の雰囲気は、そんなに暗いものではなかったんですけど。
ぶっちゃけていうと、私はあまりその人を好き出なかったというか、あまりいい思い出がなくて。
最近はなかったんですけど、私が小学生の頃、酔っぱらってうちに来てガラス割って帰ったり、お金を借りに来たり、おじいちゃんとケンカしたりしていて。小学生の私にとってはすごく怖かったし、「いなくなればいい」と思った事もありました。
結婚もしてなかったし、他に身寄りがないので、私の家でお葬式をやる事になったのですけど、その遺影が、すごく古いものだったんです。
私の両親の結婚式の時の写真らしく、それが唯一の写真だったそうです。
それを見たら、すごく悲しくなってしまって…。
いろいろと嫌な思い出も浮かんで来たんですけど、それだけではなくて、うちに来た時に「○○(私の名前)か、でかくなったな~」と嬉しそうに話していた事とかも浮かんできて。
嫌な思いでもたくさんあるんだけど、多分私の中にはそのおじさんの事は好きだと言う気持ちもあったんだと思います。

昨日は、午前中に兄と私の礼服を買いに行きました。
お葬式が高校以来なので持っていなくて。
礼服って、すごく高いんですね…。値段を見てびっくりしてしまいました。
2人分だったので、福沢さん10人近くに別れを告げました。
あれって、男の人にはいろいろサービスしてくれるんですね。ケースとかいろいろ。
私のは普通のビニールの袋だったんですが。くそぅ。
いろいろ買い出しをして、家に帰ったら、なんかもう居場所がなかった(笑)
組の人がいろいろやってくれていて、私達はずっとこたつでぼーっとテレビを見ていました。
夜からお通夜をやったのですが、初めておじさんの姿を見て、その小ささにまた悲しくなって泣いてしまいました。病気だったのでしょうがないのですが、すごく痩せてしまっていて。
ついさっきまでテレビ見て笑っていたのに、一瞬で悲しい気分になるんですねぇ。

今日は朝早くからお葬式をして、私は早めにアパートに帰ってきました。
おじさんが天国で幸せに暮らしてくれるといいです。


なんだかおとといからずーっと食べていて、常に満腹状態でした。やばいなぁ。

ここまで長々と書いてしまいましたが、もう復活してます(^^)
ここにこんな暗い話題を載せるべきではないのかな、とも思いましたが、いろいろ吐き出したかったので(汗)
気分を害された方がいたら申し訳ないです。
[PR]

by lovejunjun | 2006-12-08 17:49 | 日々。